家づくりの予算
本文

家づくりにかかるお金は「建築工事費」だけではありません。住み始められるまでにかかる「総予算」として把握できよう、お手伝いをします。

「坪単価」でははかりきれない。

田舎暮らしをする家を建てるのに、どのくらいの予算がかけられるか? 家の大きさや中身を決めていくのにとても大事なポイントです。

建築工事費を広さで割った「坪単価」がそのめやすとして言われがちすが、これには要注意です。というのは、それは、建築工事費だけを取り出して広さ(建坪)で割ったものに過ぎず、あ実際には、個々の敷地条件に応じてかかってくる費用や、建築工事費以外の費用もあるからです。

「こんな家にしたい」というお客様の希望を積み上げて得られる図面から見積もりを出せるのは「建築工事費」ですが、実際に、ある土地に家をつくって、そこで生活をはじめるためには、家を建てる以外にもさまざまな費用がかかります。

そういった費用は、なかなか一般の人には見えにくいものですから、家づくりをする際に、建築工事費だけのつもりでいたのが、結果的にかかる費用がどんどん膨らんでいって、びっくりしたり資金繰りに困ったりする、というケースも多いものです。

実際、建築本体工事費と総額との間に200〜600万ほどの開きが出て来ることも少なくありません。けっして、小さな額ではありませんよね。

八ヶ岳住まい研究所では、建築工事費以外にもかかってくる費用についても、あなたの敷地のさまざまな条件に合わせて、早い時期に積算をします。「総額でこれくらいになるでしょう」という見積もりを元に、無理のない、質のよい計画を工夫していきます。

工事費とは?

主な要素をあげると次のようになります。

仮設工事家を建てるために必要な足場、仮設電気、水道、トイレなど
基礎工事家を支えるための基礎をつくる工事
木工事構造材や造作材を加工し、現場で組み立てる、造作をする、つくりつけ家具を造るなど大工さんの仕事
屋根・板金工事瓦やガルバリウムなどの屋根工事ならびに水切り等の取り付け
左官・タイル工事漆喰や珪藻土塗り、ならびにタイル貼り
給排水・電気・ガス工事家屋に付帯するインフラが使えるようにするための配線や配管

工事費以外にかかる費用

上記の建築工事費には含まれない費用を挙げてみます。どの費用がどのくらいかかるのかはケース・バイ・ケースですが、八ヶ岳住空間研究所では、あとから「こんなに費用がかかるのか!」と途方に暮れることがないように、早い段階で「総額での予算表」を作成して、計画や資金繰りについて考えやすいようにします。

(1) 地盤関係

工事を始める前に、家を建てられる状態にあるかどうかを地盤調査をし、敷地に見合った適切な基礎を造る必要があります。その結果を受けて、場合によっては、基礎を補強するために杭を打つなどの改良工事が必要となります。

(2) インフラ関連

電気・ガス・水道といったインフラが整っているのがあたりまえ、という都市部とは条件が違う土地もあります。本管から敷地内へのインフラの引き込みはもちろんですが、八ヶ岳の場合、近くまで下水道が来ていない場合も多く、トイレや風呂、台所の排水を処理するための浄化槽を設置する必要があります。ほか、電話配線、空調の取付などの設備工事もあります。

(3) 建築確認申請料

建てようとする家が、建築基準法などの法令に適合しているかどうかを審査するのに必要となるのが建築確認申請です。工事に入る前に申請し受理されなければなりません。この申請料がかかります。なお、八ヶ岳南麓では、場所によって不要な地域もあります。

(4) エクステリア関連費用

外構工事とも言われます。敷地内の家までのアプローチ、家のまわりの石垣や植栽など。駐車場やカーポートなどもあります。

(5) インテリア関連費用

カーテン、照明器具などを購入し取り付ける費用です。

(6) 家を建てるにあたっての儀式

家を建てる土地の神を鎮め、工事が無事に進められていくことを祈る「地鎮祭」家の骨組みが建った時に行う「上棟式」などがあります。これらの式典をする場合、参加する神職や業者へのふるまいなどの費用を負担することになります。

(7) その他諸費用

八ヶ岳住まい研究所では、敷地利用計画、工事監理、プランニングなどをについて、コンサルティング料としていただいています。ほかに、引越代、不動産取得税、近隣への挨拶などもあります。

総額と予算とが見合わない場合

計画の規模自体を縮小することを考えたり、塗装や外構工事など「自分たちでやれることはやれる」ところを見つけて費用を抑えたりすることを、いっしょに考えましょう。